夜明けが遅くて寒い日の朝、お布団から起き上がるのがますます億劫になります。これから一日、家事や仕事に頑張らなければいけない身体を温め、活力を注入するための温朝食や暖かスープレシピなどご紹介します。

 

朝、体温を上げることが大切な理由

 

一日のうちで、一番体温が低くなるのは朝方4時から8時までの時間帯です。

この時間には外気温も下がりますし、冷え性の人にとっては特に辛い時間です。

 

でも朝は頑張って起床し、一日活躍で来るように身体をウオーミングアップさせなければならない大切な時間です。

 

 

そこで、起きぬけの低い体温はなんとか上昇させる方法を工夫しなければなりません。

 

体温を上げることでエネルギー代謝が活発になって体調がよくなります。

体の細胞が活性化して臓器や組織の機能も活発に働いてくれるようになります。

 

そうなると免疫力もアップして感染症や生活習慣病やその他の病を予防します。

 

 

最近では、寒い時期に限らずインフルエンザや、急性胃腸炎、または新種のウイルスによる病気など多様化しているので、免疫力をアップさせることはとても大切です。

 

冬に実践したい温朝食とは?

 

では、朝一番に体温を上げて、冷えを改善するにはどんな朝食を心がけたらいいでしょうか?

 

まずは、温かい飲み物を摂りましょう。

 

胃に温かい飲み物を入れることによってお腹が温まり、血液が全身に流れ、体温が上がります。

この場合の温かい飲み物はトロミのある物の方がさらに効果的です。

胃の中に停滞し、体温を維持してくれます。

消化管をゆっくりと流れて体をより温めてくれます。

 

とろりとしたコーンスープやトロミをつけたかき玉汁もいいでしょう。

トロミ成分は炭水化物のぶどう糖なので脳のエネルギーにもなってくれます。

 

 

反対に、冷たい飲み物はさらに体を冷やし、臓器を収縮させるのでよくありません。

 

また朝一番のコーヒーや緑茶は体を冷やす飲み物です。

そしてこれらにはカフェインが含まれているので、緊張や興奮状態になってストレスになることもあります。

 

 

朝一番、まだ体にエンジンがかかっていない状態では消化のよい温かい、喉ごしのよい飲み物を無理しない程度に摂るようにします。

体が温まって血行もよくなれば、顔色も明るくなってお化粧のりもよくなります。

 

 

朝、体温を上げてウオーミングアップするためには、温かいトロミのあるスープが効率がよいことがお分かりになったでしょうか。

 

そう考えると、朝起きぬけのコップ一杯の水が健康の秘訣なんて言われたこともありましたが、それは無理があるかもしれませんね。

どおりで目も覚めきらないうちに冷たい物を口にすると、喉も通りにくいし胃腸が収縮する感があってトイレが近くなることもあります。

 

朝飲みたい体が温まるスープ

 

忙しい朝には、簡単で体の温まるスープを飲みたいものです。

 

  •  市販のポタージュスープ

まず、本当に簡単なのが、市販の粉末のコーンスープやポタージュスープです。

 

カップに入れてお湯を指すだけでは能がないな?とも思いますが、トロミもあって体を温める働きは十分です。

毎日、毎日こんなスープの繰り返しではつまらないな?と感じる人はコーンフレークやグラノ―ラを散らしましょう。

 

少しでも噛みごたえがあると頬や顎筋肉を動かして運動になります。

 

または粉チーズや乾燥野菜(たとえばパセリや青菜、青ネギなど)を散らすとアクセントになります

 

前日に、自家製クルトンを用意しておくと美味しいです。

古くなりかけた食パンやフランスパンを細かく切って、アルミホイルを敷いたオーブントースターでこんがり焼いて作ります。

 

その他、カリカリベーコンも前もって作ってスープに載せれば、既製のスープでもレパートリーが拡がります。

 

朝、少し時間のある人は、自分自身や家族の健康を祈りながら、簡単でも手作りスープをおススメします。

 

 

  •  春雨スープ

市販の鶏ガラスープの素、または固形コンソメを定量の水で沸騰させます。

そこに春雨、冷蔵庫にある買い置きの野菜(白菜、キャベツ、玉ねぎなどなど)を柔らかく煮込みます。

 

汁が少なくなったら水を足しながらクタクタに煮ます。

春雨を多めに入れれば、トロミ代わりになって便利です。

 

緑豆春雨より日本製の春雨の方が軟らかくてトロミもよくつきます。

 

 

  •  冷凍カボチャスープ

 

かぼちゃは大きいので、甘煮やサラダ、天ぷらなどひとつの献立で使ってもたくさん余ってしまうことがあります。

でも、毎食、かぼちゃばかり食べるのも飽きてしまいます。

 

そこで余ったかぼちゃで朝のスープを作ります

 

材料 (材料は目安です)

・かぼちゃ・・・・500グラム

・玉ねぎ・・・・・1/2

・オリーブ油・・・適宜

・固形コンソメ・・1個

・水・・・・・・・1.5カップ

・牛乳・・・・・・1カップ      

・塩、胡椒、バター、生クリームなど適宜

 

 

作り方

  • かぼちゃを小さく切って加熱します。
  • 玉ねぎは薄切りにしてオリーブ油でしんなりするまで炒めます。
  • 鍋にかぼちゃと玉ねぎ、コンソメ、水を入れて軟らかく煮ます。
  • ③を泡立て棒で潰すか、ミキサーにかけます。この状態で朝使う分ずつに分けて冷凍します。
  • 朝、牛乳を鍋に入れ、電子レンジで冷凍のかぼちゃを軽く解凍し鍋に入れて温めます。
  • お皿に盛ったらお好みで、塩コショウ、バターなどをのせていただきます。

 

※ ある程度調理済で朝がうんと楽になります。かぼちゃスープに限らずスープを冷凍しておくと便利です。トロミがついたものは熱いとやけどするので気をつけてくださいね

 

PC投稿内下部
CTA

テキスト

おすすめの記事