30歳を過ぎると特に女性はお肌の調子がイマイチだったり、

贅肉がついてお腹がぽっこりするなど

20歳代とは違う体の変化に気づかされます。

 

ダイエットも簡単には進みません。

 

そこで30歳になるとなぜ痩せにくくなるのか

その理由を考えてみました。

 

20歳から30歳までのライフスタイルの変化について

20歳代の女性は、学生から社会人になったり、

自立して一人暮らしをするようになったり、

彼氏と真剣交際をしたりなどなど、

生活環境が変化して大人の女性になる過渡期です。

 

そんな時期には少々遊びすぎて疲れても、

少し寝ればすぐ元気になれるピチピチの体から、

 

体のケアが必要な身体に変化していくのです。

 

また、前の日食べ過ぎたから、

次の日絶食すれば簡単に体重が元に戻れる

という体でもなくなります。

 

30歳を過ぎても美しいスタイルを維持するためには、

単なる食事制限や運動だけではなく

継続的な体の自己管理が大切になります。

 

痩せない原因といわれる基礎代謝の低下とは?

 

基礎代謝とは、人間が何も動かない状態でも生きていくために最低限必要なエネルギーのことです。

 

基礎代謝が一番高いのは15歳位で、加齢とともに少しずつ低下します。

 

基礎代謝が高い人は敢えて運動したり

努力しなくてもエネルギーを消費するので、

痩せやすい体を簡単にキープできます。

 

つまり、基礎代謝が高い人は低い人に比べて同じような活動量でも痩せやすいのです。

 

代謝が落ちるということは、摂取したカロリーを消費せず中性脂肪や皮下脂肪として貯め込むということです。

 

加齢によって基礎代謝が低下することは残念ながら避けられませんが、なるべくなら低下の速度を遅らせることは可能です。

 

代謝を低下させないためにはカロリーを抑えるだけではなく

  • 栄養バランスの良い食事を常に心がける
  • 腸の調子を整える
  • 適度の運動を続ける
  • ストレスを抱えないような生活習慣

 

といったことに注意しながら体作りを意識することが大切です。

 

30歳になると痩せにくくなるのは?

 

30歳を超えると痩せにくくなるのは、

若い20歳代より基礎代謝が下がるからです。

 

加齢により基礎代謝の低下はどうしても避けられませんが、その速度を遅くすることは生活態度の改善で可能です。

 

つまり、30歳を過ぎたら太らない体を維持するために

若い時以上に努力する必要があるということです。

 

そのためにまず、30歳代のライフスタイルについて見直してみましょう。

 

まず、食生活はどうでしょう。

 

働き始めた20歳代前半に比べてお給料も高くなってきます。

 

一人暮らしで食費を節約、ファストフードのハンバーガー1つ、カップラーメン1杯などの生活を卒業して、美味しい外食をする機会も増えるでしょう。

 

美味しいお料理というのはヘルシー、健康的を唱っていても大概、カロリーの高いものが多いのです。

調味料や脂肪分は料理を美味しくするからです。

 

会社や友だち付き合いにおいても年齢を重ねれば美味しい食事を楽しむ機会がどうしても増えます。

それもグレードアップの象徴ともいえるのである程度は避けられませんが。

 

また、結婚や育児などで、パートナーや我が子の食事内容や食事時間に合わせることによってつい、今までよりカロリーオーバーになることもあります。

 

30歳に入って代謝量が減っているところにこの様な生活習慣ではだんだんと体重が増加しても仕方ありません。

 

 

また、この年頃は運動量が減る時期でもあります。

 

例えば若いうち、満員電車に乗ったり、バスを利用していた女性も、ビジネスでも私生活でもタクシーや自家用車を利用する機会が増えていることはありませんか。

 

歩ける範囲内でもつい、タクシーに乗ることもあります。

 

以前のように地下鉄を乗り継ぐような移動はかなりの距離歩いていたのですから、歩く量が格段に減って運動不足につながります。

 

また休日や仕事帰りのレジャーも海や山で体を動かすことから、食事を楽しんだり穏やかな活動量の少ない楽しみ方が多くなります。

 

20歳代で大概の遊びはやりつくしたと感じているのかもしれません。

 

さらに、結婚する人が多くなって遊び友達が減った人もいるでしょう。

休日は家でゆっくりして外出しない人も多いのです。

 

買い物もあちこちのお店を見て歩いたり

ウインドウショッピングではなく

我が家でのネットショッピングで済ます人もいます。

 

 

活動量が知らないうちに減ってきています。

 

活動量が減ることで筋肉量が減り、

それがまた代謝の低下につながります。

 

そこで食事制限など少々のダイエットを試みても効果がありません。

 

トレーニングジムで短時間汗を流すことに比べて生活全般の活動量をチェックすることがより重要です。

 

 

もうひとつ重要なのがストレスです。

 

職場では責任のある立場になってきます。

若手と上司の間に挟まれてストレスが溜まることもあります。

 

しかし、もうそんなに若い年ではないので泣き言ったり、簡単に仕事を休むというわけにもいきません。

 

仕事上も重要なポストを任されて、ストレスは増す一方です。

 

 

私生活においても、結婚するなど自分の事だけを考えていればいい年ではなくなります。

 

パートナー、子ども、その他の家族全体を考えて生活するのは気楽な若い時と比べて大きなストレスです。

 

この様に30歳代になると起きる食事習慣、運動量、ストレスなどの問題が代謝を抑制するホルモンを出させているのです。

 

ジムに通って運動しましょうとまではおススメしませんが、日常生活のひとつひとつにおいて体をこまめに動かすことを厭わないでください。

 

始めの一歩としてこれからの時期、

少し寒くても暖かくして外歩きはいかがですか。

 

寒い時期に炬燵でマッタリというのもストレス解消になるかもしれませんが、それで体重が増えてしまったら逆にストレスですよ。

 

休日をすべて休養に回すだけではなく、

バランスの良い食事を手作りしてみるのもおススメです。

栄養面の気遣いだけではなく今までの外食で培ったセンスの良さを生かせばきっと女子力アップにもつながります。

PC投稿内下部
CTA

テキスト

おすすめの記事